デトランスαの意外なデメリット!?

これまでスプレータイプのデオドラントやクリームタイプなど、散々お金を費やしてきた人にとっては、デトランスαとの出会いが、運命的なものであると実感するほど、満足度の高い商品でもあります。

 

しかし、中には、突然デトランスαによる汗抑制効果が失われてしまい、愕然とする人もいるようです。

 

なぜデトランスαの効果がなくなってしまうのでしょうか?

 

その理由と具体的な対策についてご説明します。

 

 

デトランスαの特徴をおさらい!

その前に、今一度デトランスαの特徴をおさらいしてみましょう。

 

デトランスαは、デンマークで開発された脇汗専用のデオドラント商品です。

 

主成分を塩化アルミニウムに持つデトランスαは、脇汗が出る穴(汗腺)に入り込み、フタをすることで、脇汗が抑えられるという特徴があります。

 

個人差があるのですが、デトランスαを使った人の多くは、少しずつ脇汗によるトラブルが感じられないという口コミが多く見られるため、市販品のスプレータイプやクリームタイプのデオドラント商品をいくつも試すよりも、リーズナブルだと感じる人も多いようです。

 

ロールオンタイプのデトランスαは、使用する際にも、手や指を汚すことなくさっと脇にひと塗りできますので、外出直前の忙しい時間帯でも使いやすい点も、人気が高い理由のひとつです。

 

年齢や性別を気にせず使える!

優れた効果が期待できるデトランスαは、さらに年齢や性別への制限がなく、思春期を迎えた頃に自分の子どもの脇汗が気になるという親御さんたちからも関心が高く、女性に比べ体臭がきついイメージの強い男性はもちろんですが、40代以降のホルモンバランスが乱れることで急に脇汗によるニオイトラブルに悩まされている女性でも優れた効果が実感できます。

 

特に局所多汗症、ワキガ大切の人は、遺伝性が強い傾向にあるため、家族でデトランスαを使うというケースも多いのではないかと思います。

 

初めは自分の体臭ケアとしてお父さんがデトランスαを愛用していると、やがて部活で毎日自分の脇汗が人と違い、非常に臭いと悩む息子に紹介するというパターンも考えられますし、旦那さんにはワキガであることを内緒にしているお母さんが思春期を迎える娘にこっそりデトランスαを使わせるというパターンもあるでしょう。

 

年齢や性別に関係なく使える優れた脇汗専用のデオドラント商品がなければ、毎日の生活に支障が出てしまうほど、人気が高いのも特徴のひとつです。

 

こんなシーンで「デトランスα」の活躍が期待!

中学校の制服で、真っ白なブラウスやシャツの着用が必要な人でも、朝の着替え時にデトランスαを使うだけで、一日においトラブルの心配がありません。

 

週末の楽しみでもあるアウトドアなら、キャンプ、ロッククライミング、バーベキュー、ビーチアクティビティーなど、自然の中で満喫できるものが数多くあるのですが、脇汗に悩む人でも自由にアウトドアイベントを満喫できるのは、デトランスαがあるおかげです。

 

一日太陽の下で過ごす週末は、日頃の運動不足とストレス発散にもつながりますので、定期的に参加するという人も多いかと思います。

 

どんな場所でも、脇汗のトラブルを抑えてくれるデトランスαが1本あるだけで、思う存分自然を堪能できます。

 

夏の代表でもある軽やかファッション、ワンピースやパンツスタイルも自由に楽しむためには、デトランスαが欠かせません。

 

脇部分がダイレクトに見えてしまうキャミソールやタンクトップは、脇汗に悩む人にとってにおい散漫の危険性があるのですが、デトランスαを使うだけで、自分が着たい服が選べるという喜びが味わえます。

 

異性を意識するコンパや婚活イベント、デートやお見合いなど、いつもの自分をよりよく見せたい場面でも、デトランスαは活躍してくれます。

 

体臭、脇汗といったにおいに関し、できる限り好意を寄せる相手には、いいイメージを持ってもらいたいからこそ、デトランスαでまずはにおいケアをし、好みのコロンや香水で香りをプラス。

 

長く使うと、突然効かなくなる人もいる・・。

多くの人が愛用しているデトランスαですが、中には突然その効果が切れてしまうという経験をした人がいるようです。

 

原因は、自分の体に起こる「慣れ」であると想定できます。

 

病院でも採用されている塩化アルミニウムは、長く使い続けることで体が成分に慣れてしまい、使用回数や量を変えたところで脇汗がじんわりと出てしまい、ニオイトラブルやシミつきが目立ってしまうことがあります。

 

これでは、せっかく自由にアウトドア、デート、仕事に休日を楽しんでいた生活がまた遠ざかってしまいます。

 

体が成分に慣れてしまった場合、一時的にデトランスαの使用を中止することで、効果が実感できるようになるのですが、それまでの脇汗はデトランスαと出会う前と同じ苦労が確実です。

 

そうならないためにも、デトランスαを使い始める人、すでに愛用している人は、突然効かなくなる事態を避けるための取り組みが必要になります。

 

突然!!を回避するためには?

デトランスαが突然効かなくなる理由が、体の慣れであることを想定し、長く使い続けるためには、脇汗が大量に出てしまうという体質そのものを改善する意識が必要です。

 

体質改善は、これまでの生活習慣の多くを改善する必要がありますので、容易ではありません。

 

しかし、デトランスαによる効果に加え、今よりも脇汗を出さない体質になれば、ダブルで脇汗によるトラブル予防としての効果が期待できますので、突然デトランスαが効かなくなる!という恐ろしい事態だけは、避けられます。

 

長期戦のつもりで、楽しみながら体質改善をし、デトランスαで脇汗による様々な問題から開放される未来を手にしてしまいましょう。

デトランスα

今だけ!初回限定2900円(約30日分)のキャンペーン中!


デトランスαキャンペーン詳細はこちら!

TOPへ